青森県立柏木農業高等学校

環境工学科


News


特別非常勤講師による授業(測量)

 12月6日(木)、株式会社西衡器製作所から講師をお招きし、環境工学科2年生を対象とした特別非常勤講師による測量の授業を行いました。
 授業では、現在の産業現場の最先端で使用される、最新測量機器や技術についての説明がありました。 生徒は、日頃自分たちが学んでいる測量の知識や技術がどのように社会で活用され、進化しているのかという内容に聞き入っている様子でした。



ものづくりマイスターによる造園技能教室

 9月19日(水)、環境工学科3年生の環境緑化班9名を対象とした、ものづくりマイスターによる造園技能教室を実施しました。
 講師に三浦造園さんを招き、軽トラックの荷台に庭園を造る「軽トラガーデン」の土台組みを行いました。「軽トラガーデン」とは、日本造園組合連合会が業界の知名度向上のために始めたユニークな取り組みで、日本の造園技術を広く伝えるために行われるものです。
 環境緑化班の3年生は、「大石武学流」と呼ばれる津軽伝統の庭園様式を学んでいたこともあり、自分たちの考えた庭園が軽トラックの荷台に出来上がるのを楽しみに実習に取り組んでいる様子でした。



特別非常勤講師による最新の測量技術講習

 12月7日(木)、青森市の西衡器製作所社長を講師に招いて、最新の測量技術としてトータルステーションとドローンを組み合わせた3D測量など、近年開発がめざましい最新の技術を丁寧な説明で教わりました。


「ものづくりマイスター」

  9月4日(月)課題研究環境緑化班9名がものづくりマイスター制度を利用して、講師の方から竹垣づくりや石の扱いなどの指導を受けています。この講習会は10月中旬まで続き、参加生徒は授業ではなかなかできないプロからの手ほどきを受けて、日々技能向上を目指しています。


「ものづくりマイスター」

  9月4日(月)課題研究環境緑化班9名がものづくりマイスター制度を利用して、講師から竹垣づくりや石の扱いなどの指導を受けています。この講習会は10月中旬まで続き、参加生徒は授業ではなかなかできないプロからの手ほどきを受けて、日々技能向上を目指しています。


平成29年度 現場見学会(3学年)

  9月1日(金)、3年課題研究農業土木・環境緑化班17名で、「ICT活用工事の現場見学会」を実施しました。最新の機器を使用し高度な技術で工事を見学。現場での説明も分かりやすく、非常に貴重な体験となりました。


「高校生文化財魅力発信事業」

  7月25日(火)〜27日(木)の3日間、課題研究環境緑化班9名が文化財の調査研究を行いました。津軽地方に伝わる大石武学流庭園の調査を通して文化財の魅力や価値を再認識することができました。


平成29年度 現場見学会(1学年)

  7月5日(水)、1年生を対象に「将来の進路に必要な情報と知識を身につける」目的で、「岩木川ダム統合管理事務所」「みちのくクボタ青森営業所」で実施しました。天候にも恵まれ、生徒にとっては有意義な経験となりました。


「ハンカチツリー植栽」

  6月12日(月)、3年生課題研究 環境緑化班9名で弘南鉄道、ハンカチツリーの会と協力し、「柏農高校前・津軽尾上駅ハンカチツリー植栽」を実施しました。ハンカチツリーは白いハンカチのような花を咲かせる花で、咲くまでに約10年かかり、生徒たちはこれから大きくなっていくのが楽しみだと話しており、大変良い経験となりました。



学科紹介

農業機械の整備や運転操作、農業土木や造園に関する技術を学習します。また、環境を意識した環境保全型の農業を学習します。
2年生から次の2つのコースのどちらかを選べます。

■農業機械コース
■地域デザインコース

主な専門科目

  • 環境科学基礎
  • 課題研究
  • 農業機械
  • 自動車工学
  • 自動車実習
  • 農業土木施工
  • 造園技術
  • 測量

取得できる主な資格

  • 毒物劇物取扱者
  • 危険物取扱者(乙種・丙種)
  • 小型車両系建設機械
  • 小型フォークリフト
  • 小型移動式クレーン
  • 玉掛
  • ガス溶接
  • アーク溶接
  • 日本語ワープロ検定
  • 情報処理検定
  • 2級ボイラー技士
  • トレース技能検定
  • 日本農業技術検定

平成29年度 環境工学科 教育課程表

3年間を通して学べる授業の詳細を掲載しております。

PDFアイコン
環境工学科の教育課程表はこちら(PDF)
このページの上へ