青森県立柏木農業高等学校

食品科学科


外部講師による「知的財産権及びGAPについての講義」 実施

 12月5日(水)、山口大学の大学研究推進機構知的財産センターから講師をお招きし、食品科学科2年生を対象とした知的財産権及びGAPについての講義を行いました。
 講義では、生活物品に着目した高校生による特許申請などの事例が紹介され、日常生活に目を向けて疑問を発見することの大切さを学びました。
 また、これからの農業に必要なGAPの基本的な考え方を学びました。



ドリカム人づくり推進事業に係る校外実習

 12月4日(火)、食品科学科3年生が、ものづくりマイスターから伝統的な和菓子「花びら餅」の作り方とその由来について学びました。
 この和菓子は、宮中で新年に食べられるもので、マイスターのプロの技に、生徒から思わず歓声があがりました。



ドリカム人づくり推進事業に係る校外実習

 11月6日(火)、食品科学科3年生と生活科学科2年生4名が津軽白神湖湿地ビオトープでニセアカシアの駆除実験における観察実習とビオトープの学習を行いました。ビオトープの学習では自然環境づくりの一環としてフクロウの巣箱を作成し2つほど取り付けました。
 昼食は生徒全員で炊事を行い、環境と食を通して自然の有難さを改めて実感する有意義な実習となりました。



グリーンライフによる見学実習

 10月16日(火)、23日(火)の2日間、食品科学科3年生がグリーンライフの授業の一環で地域見学実習を行いました。
 16日(火)は平川市まちなか案内人のガイドにより猿賀神社、猿賀公園、盛美園の見学を行い、23日(火)は、黒石市のボランティアガイドの案内で松ノ湯交流館、こみせ通り、金平成園を見学しました。
 生徒は市の観光協会の協力を得て、自分たちの住む地域の文化を深く学ぶことができました。

平川市
  神宮寺(猿賀神社参道)         盛美園

黒石市
      松ノ湯交流館          金平成園


すっぽんみそ製造実習

 10月19日(金)、食品科学科の3年生がすっぽんみその製造実習を行いました。
 今回の実習では500缶分を製造しました。釜から立ち込める湯気で加工室内は蒸し暑い状況でしたが、生徒たちは黙々と作業に取り組んでいました。



りんごジャム製造実習

 10月12日(金)、食品科学科の3年生がりんごジャムの製造実習を行いました。
 前日に細かく刻んだりんごを大釜で煮て、今回もおいしいジャムを製造することができました。大釜の中のりんごをかき混ぜるのに生徒たちは苦労していましたが、一生懸命製造に取り組んでいました。



かしわみそ製造実習

   8月31日(金)、食品科学科3年生がかしわみその製造実習を行いました。
 昭和5年から製造されてきた本校伝統の人気商品とあって、生徒たちの取り組みにもより一層の熱意を感じました。
 9月12日(水)の13:30〜15:00、平川市新館野木和86−1にあるシャディサラダ館平賀店前で、柏農市(第3回)の開催が予定されています。 生徒たちの作った「かしわみそ」をはじめとする各種加工品や農産物を販売します。皆様のご来場お待ちしております。


鉢花および実習品販売会での加工品販売実習

 2月8日(木)、本校で加工品販売を行いました。

第5回高校生科学研究コンテスト 最優秀賞受賞!

 12月17日(日)、青森大学で開催された第5回高校生科学研究コンテストに出場しました。そのうち、食品科学科3年微生物利用班が発表した「米こうじによる稲わらの分解と腐植の活用」が最優秀賞を受賞しました。

りんごジュース製造実習

 12月5日(火)から食品科学科1〜3年生と生物生産科3年果実加工選択者がりんごジュースを製造しました。

クリスマスケーキ製造実習

 12月4日(月)、5日(火)、食品製造の授業で、クリスマスケーキを製造しました。

りんごジャム製造実習

 10月16日(月)・17日(火)、19日(木)・20日(金)の4日間、りんごジャムを製造しました。

尾上地区の見学実習

 10月2日(月)に、食品科学科33HRの生徒が、「グリーンライフ」の授業で尾上地区の猿賀神社、猿賀公園、盛美園をまちなか案内人と一緒に見学しました。
 ガイドを聞きながら改めて地域文化の魅力を学ぶことができました。

全校稲刈り大会 開催!

    9月22日(金)、恒例の全校稲刈り大会が開催されました。優勝は食品科学科で、商品のりんごジュースで乾杯しました。

こんにゃくの製造

   9月12日(火)、食品製造の授業で、2年生がこんにゃくを製造しました。最後に、本校の人気商品「すっぽんみそ」をつけて食べました。



うどんの製造

   9月11日(月)、食品製造の授業で、1年生が手打ちうどんを製造しました。



ひらかわフェスタ2017加工品販売実習

  9月2日(土)、3日(日)の2日間、ひらかわフェスタ2017に参加し、加工品販売実習を行いました。また、課題研究で取り組んでいる平川市の健康に関するアンケート調査を行いました。さらに同時開催された「ひらかわレシピコンテスト」において、加工原材料班が開発した「ひらかわテンコ盛り もりもりバーガー」が最優秀賞を受賞し、授賞式が行われました。

JA津軽みらい農業協同組合感謝祭 加工品販売実習

   7月29日(土)、15時から、JA津軽みらい農協倉庫にて販売実習を行いました。

イチゴジャム製造実習

   6月19日(月)、20日(火)の2日間、イチゴジャムの製造実習を行いました。1年生にとってははじめての製造実習でした。

農家蔵・農家庭園巡り販売実習

   5月27日(土)、平川市において販売実習を行いました。

春の大市での加工品販売実習

   4月27日(木)、本校にて春の大市の加工品販売実習を行いました。

マーマレード製造実習

  4月20日(木)、21日(金)の2日間、今年度初めての実習となるマーマレード製造実習を行いました。今回は2日間とも3年生が担当し、甘酸っぱくおいしいジャムが完成しました。


学科の目標

 食品の製造および流通・経済に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、食品に係わる業務に従事できる創造的・実践的な能力と態度を育て、地域社会の充実と発展に寄与できる人材を育成します。

取得できる主な資格

  • 日本語ワープロ検定
  • 危険物取扱者(乙種・丙種)
  • 毒物劇物取扱者
  • 全経簿記能力検定
  • 2級ボイラー技士
  • 小型建設機械車両系特別教育
  • 農業クラブ級位検定

平成29年度 食品科学科 教育課程表

3年間を通して学べる授業の詳細を掲載しております。

PDFアイコン
食品科学科の教育課程表はこちら(PDF)
このページの上へ