青森県立柏木農業高等学校

生活科学科


News

動物ふれあい講座

 令和元年7月1日(月)、県動物愛護センターから獣医さんが来校し「動物ふれあい講座」を開催しました。
 動物の飼育や活用を学ぶ授業内容の一部として、動物について講義を受けました。ペットを飼うときの注意点や心構えを講義していただきました。
 その後、ウサギ、モルモット、イヌ等の動物たちとふれあい、癒やしをもらいました。

   
  動物の飼育と活用
  について
   

 
  ウサギのあきちゃん     モルモットのもすけ

 
  チューバッカちゃん      パーシーちゃん

先輩と進学について話してみよう会

 令和元年7月1日(月)、「先輩と進学について話してみよう会」を開催しました。
 保育関係の専門学校や幼稚園、小学校の教員養成課程のある大学、短期大学への進学希望者を対象に、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭になることを目指す生活科学科の卒業生2人が保育園の一日を再現しながら、進学を目指してどんなことをしたかや現在の学生生活について話してもらった後、ワークショップを行いました。
 ペープサートという工作へ挑戦したり、読み聞かせのコツを教えてもらったり、また先輩からでないと聞くことができないような話も聞くことができ、有意義な時間になりました。

 
 始まりの会   自己紹介と学校生活についての話しをしている様子

 
   くるくる回るペープサート     ペープサート作りに
   挑戦中 


できたものをみんなで披露     読み聞かせ

大坊小学校とのリンゴ体験学習会

 令和元年6月17日(月)、大坊小学校の3・4年生と生活科学科3年生の生徒がリンゴの「実すぐり」を体験しました。
 この学習会は、今年で2年目を迎え昨年3年生だった児童は、すっかり慣れて高校生と会話しながらも手が動いていました。初めての3年生は、おっかなびっくりリンゴの実をすぐっていました。
 この学習会に先立って、生活科学科の生徒は平川市のリンゴ栽培についてJA津軽みらいの営農指導係から講義を受け、学習会にのぞみました。JA津軽みらいの広報誌に掲載されました。

  JA津軽みらい広告紙 「Mirai」 の記事はこちら ⇒ クリックして下さい。

            JA津軽みらいの営農指導係によるリンゴ講座

                          大坊小学校リンゴ体験学習会

2019年度前期 室内園芸装飾検定

 2019年度前期室内園芸装飾3級技能士検定が、6月16日(日)に本校第二体育館で実施されました。
 2年ぶりで、本校の受験者は6名でした。全員、事前に造園の先生に指導を受け、その指導を忘れないように自主練習に励みました。次は、7月に筆記試験があるのでそれに向かって勉強中です。

 

平賀駅前花壇植栽

 令和元年5月13日(月)、生活科学科3年生の課題研究草花班と生物活用班が、毎年恒例の平賀駅前花壇の植栽活動を行いました。
 昨年は、雨でしたが今年は天気に恵まれ、平川市の職員の方も一緒に植栽することができました。
 平川市内の施設に花のプランターを置かせてもらって市内を花でいっぱいにしていく計画です。

 

大坊小学校での植栽活動

 令和元年5月10日(金)、生活科学科2年の課題研究班草花班と生物活用班が、平川市立大坊小学校のなかよし花壇で児童と一緒に草花の苗を植えました。
 今年で2回目になりますが、両班の生徒たちは花壇のデザインを考え、植える草花の色や種類をあらかじめ決めていきました。小学生の皆さんに草花苗の植え方を教えることができ、日頃の学習内容を振り返る大変良い機会になりました。

 

黒石養護学校高等部合同実習

 令和元年5月13日(月)、黒石養護学校高等部の皆さんとプランターづくりを行いました。
 グループを作り、天気が良かったので屋外で活動しました。
 最初は、お互いに緊張していましたが、すぐに打ち解け一緒に花苗をプランターに植え、22個のプランターを通学路に配置することができました。

 

鉢花および実習品販売会を開催しました

 平成31年2月7日(木)、「鉢花および実習品販売会」を柏木農業高等学校 草花温室で開催しました。
 シンビジウム、ミニカトレア、コチョウラン、プリムラ、プランター植えパンジーの他に生徒実習で作ったお米や加工品の販売を行い、多くのお客様に来校していただくことができました。
 雪が降り大変寒い中ではありましたが、販売会にお越しいただいた皆様大変ありがとうございました。

 


甘酒造り

 平成31年1月23日(水)、生活科学科3年生の生徒13名が桃川株式会社の杜氏であるものづくりマイスターの小泉義雄氏を講師にむかえ、甘酒づくりを学びました。
 米麹から作る本格的な甘酒を飲んだことのない生徒は、甘酒の本来の甘さと麹パワーについて知り、国菌である麹について認識を新たにしました。

 


コサージュ作り

 平成31年1月18日(金)、生活科学科2年生が卒業生のためのコサージュ作りを熟練技能者の佐藤令枝氏から学びました。
 コサージュは、卒業式に卒業生と3学年主任・担任団に送られています。今年度は、フラワーデザインの有資格者が4人クラスにいるので、互いに教えあいながら作ることができました。



干支の和菓子作りに挑戦

 平成31年1月16日(水)、生活科学科3年生14名が和菓子作りをしました。講師に弘前市の菓子舗「開源堂」の川崎将晃氏から、プロの技を教えてもらいました。
 材料は、比較的簡単に手に入ることや梅の花びら表現に麻布を使うことを教えてもらい、かわいいうり坊と福梅を作り上げました。

 


大坊小学校との皮むき体験会

 12月14日(金)、生活科学科の3年生14名が大坊小学校の3・4年生と皮むき体験と試食会を行いました。
 総合的学習の時間で、1年間一緒にリンゴの勉強をしてきたので、すっかり顔見知りになり、話しも弾み、楽しいリンゴ試食会になりました。
 最後に、作ってきたリンゴの生キャラメルの作り方の説明をして終了しました。名残惜しんでくれる児童とハイタッチで大坊小学校を後にしました。

 


特別非常勤講師による授業:ハクサイの漬け物づくり

 11月27日(火)、生活科学科1年生31名が特別非常勤講師による授業でハクサイ漬けと、しとぎもちの作り方を教わり、栽培した作物の利用と地域の食文化について学びました。



ものづくりマイスターによる京和菓子講習会

 11月14日(水)、生活科学科2年生を対象に、ものづくりマイスターによる京和菓子講習会を実施しました。
 青森市の菓子匠松栄堂さんを講師にお招きし、生徒たちは修学旅行の事前学習として京都の食文化と伝統和菓子作りを学びました。



第4回 全国ユース環境活動発表大会東北地区大会参加

 11月11日(日)、生活科学科2年生4名が仙台市で開催された、「平成30年度 第4回 全国ユース環境活動発表大会東北地区大会」に参加しました。
 大会には、各地区の工業高校、農業高校、普通高校、全13校が参加し、各校の環境活動について発表を行いました。本校は惜しくも全国大会出場は逃しましたが、優秀賞を受賞することができました。



大坊小学校リンゴ体験学習

 11月7日(水)、大坊小学校が実践する総合学習の一環で3・4年生19名が本校果樹園でリンゴ収穫体験を行いました。生活科学科3年生14名が小学校の皆さんをサポートし「ふじ」を収穫しました。今年度3回目となる学習会では、収穫体験のほかに様々な品種の糖度について学びました。



平賀幼稚園のリンゴ収穫体験

 11月2日(金)、平賀幼稚園19名の皆さんと生活科学科2年生28名が本校果樹園で「王林」の収穫を行いました。生徒たちは収穫のサポート役となり園児の皆さんの手をとりながら交流を深めました。
 収穫後に試食を行い、園児の皆さんからは「おいしいー!」と嬉しい反応をいただきました。



グリーンライフによる見学実習

 10月24日(水)、生活科学科3年生14名がグリーンライフの授業の一環で、平川市まちなか案内人にガイドを依頼し地域学習を行いました。案内人のガイドで猿賀神社、猿賀公園、盛美園を見学しました。
 神社では参拝の作法や庭園の見学方法を学びました。



第3回 津軽サービスエリア花壇植栽活動

 10月12日(金)、生活科学科2年生14名が津軽サービスエリア下り線の花壇植栽を行いました。今年度3回目を数えるこの活動も、季節の移り変わりとともに植える花はパンジーや葉牡丹と秋の装いを見せております。
 生徒たちは、訪れる人たちに秋を感じてもらいたいと一生懸命植栽を行っていました。立ち寄った際には是非ご覧ください。



熟練技能者によるフラワーデザイン講習会

 9月13日(木)、生活科学科の1年生を対象とする、「熟練技能者によるフラワーデザイン講習会」を実施しました。
 生徒たちは初めてのフラワーデザインで、「どこにどの花を挿そうか迷う!」や「センスがないのかもしれない…。」などと言いながら悪戦苦闘していましたが、講師の先生に「色使いがいい!」や「高さがいいわね!」など褒められ自信を持てた様子でした。



第2回 大坊小学校リンゴ体験学習会

 9月12日(水)、生活科学科3年生14名が、大坊小学校の3・4年生の皆さんと、リンゴの栽培体験学習会を本校果樹園で行いました。
 体験学習では本校生徒が指導役となり、今回の作業内容である「摘葉」を紙芝居で説明後、実際に作業を体験してもらいました。
 生徒たちは2回目ということもあり、小学生の皆さんと一緒に作業をするなかで、前回より打ち解けている姿が多くみられました。普段ではあまり体験することのない指導役をしっかりと務めていました。



平賀幼稚園交流会5回目

 平成30年度1月30日(火)、生活科学科2年生が生物活用の時間に、平賀幼稚園の園児さんたちと今年度最後の交流会を行いました。  生徒が作った食育に関する手作り絵本の読み聞かせと、園長先生のお点前をいただきました。園児たちが一生懸命、お運びをしてくれました。



手作り味噌の仕込み

 1月26日(金)、生活科学科1年の生徒が、自分たちで栽培した大豆を使い、味噌の仕込みを行いました。
 秋に収穫した大豆を使い、米麹と塩だけで3kg仕込みの味噌を作りました。夏に天地返しをして、次の冬には出来上がります。
 できた味噌は、調理実習に使ったり、自宅で試食をしたりする予定です。

りんごの皮むき体験及び試食会

 12月7日(木)、生活科学科2年生の課題研究班「食物班」と「園芸福祉班」の17名が、平川市立大坊小学校の3・4年生の子どもたちとりんごの皮むき体験会を行いました。
 りんごの産地である平川市での地産地消を図ることを目的にして、子どもたちが自分でりんごの皮をむけるようになってほしいと企画しました。
 りんごの豆知識講座でりんごの勉強をしたあと、子どもたちと柏農高で生産されたふじと王林の皮むき体験をして、食べ比べをしました。
 小学生の皆さんは、果物用のピーラーを器用に使ってりんごの皮をむき、みんなでたくさんりんごを食べ満足そうでした。

熟練技能士によるコサージュづくり講習会

 12月5日(火)、に生活科学科2年生がソレイユ代表取締役の熟練技能士を講師にむかえ、カーネーションを使ったコサージュの作り方を学びました。
 このコサージュは、卒業式に3年生の胸を飾ることになるので、真剣に取り組み、むずかしいコサージボー(リボン)の作り方を練習しました。

見学実習

 10月18日(水)、生活科学科3年のグリーンライフ選択者12名が授業で黒石市内の観光名所を見学しました。
 屯所やこみせ通り、松ノ湯交流館をボランティアガイドと巡り、地元の歴史と文化について学びました。

緑青園での交流会3回目

 10月11日(水)に、3回目となる緑青園の利用者の方との交流会を行いました。
今回は、プリザーブドフラワーを使ったアレンジメントを生徒と一緒に制作しました。

秋の花プロジェクト

  10月10日(火)、あいにくの雨の中、津軽SA下り線のプランターに秋の寄せ植えを行いました。

ハーバリウムの制作

 9月29日(金)、生活科学科の1年生が、熟練技能士の方から今流行の「ハーバリウム」の作り方を学びました。
 作品たちは、柏農祭で展示されます。

バナナが開花しました

 本校の温室で、試験栽培しているバナナが4年目に花を付けました。今順調に育ち、小さなバナナの実を見ることが出来ます。
 また、温室内は出荷を待つシクラメンが美しく咲き始めています。

平賀幼稚園と花びら染めをしました

 9月26日(火)、生活科学科2年生の「生物活用」の時間に、本校に隣接する平賀幼稚園を訪問し、くまぐみさん、ぞうぐみさんの園児たちと、草花の染液を使ってハンカチを染めました。
 天気もよかったので、染めたピンクや黄色のハンカチをもって風で乾かしました。そのまま鬼ごっこになる園児もいて賑やかでした。
 保育士を目指す生徒も多いので子どもたちと触れ合ってよい体験になりました。

1Dayキャンパス2017平川ワークショップ

 9月24日(日)に平川市生涯学習センターで行われた「1Dayキャンパス2017平川会場」に、生活科学科3年生の課題研究班がワークショップコーナーを開催しました。
 課題研究の中で研究してきた作品作りを活かしてのボランティア活動です。
押し花しおり、デコパージュで作る小物、アロマオイルを使った芳香剤の3つのコーナーで沢山の親子連れの小学生と一緒に小物作りをしました。

ドリカム人づくり推進事業に係る校外実習

 平成29年9月20日(水)に生活科学科3年生「グリーンライフ」選択者12名で、津軽白神湖湿地ビオトープに自然体験と植樹に行ってきました。
 午前中に昨年、一昨年から栽培している広葉樹の植樹を行いました。3年目の今年度は、今までより多く植樹できました。
 午後は、大沢川の方まで登って川辺で魚を捕まえたり、水切りなど童心に返って自然と遊びました。また、白神山地ビジターセンターで大型映像を鑑賞し、白神山地や青森県の観光資源について学びました。

特別非常勤講師による授業2回目

 9月12日(火)に生活科学科2年生の「生物活用」の授業で、アロマセラピストの平田洋子さんの特別授業がありました。
 「生物活用」のハーブの活用の内容をより深く学習しました。生徒たちは、自分でハンドクリームを作り、アロマテラピーを知る良い機会になりました。

各課題研究班の活動

 課題研究生活班3年生の活動
 りんごの剪定枝でスモークしたり、紙をすいたり、活用方法を模索中!

 課題研究食物班3年生の活動
 アイスクリームをテーマに調査・研究をしています。アンケート調査や実験を繰り返し実施しています。

 課題研究草花班3年生の活動
 エディブルフラワーの研究 花を食べてみよう。食べ方にはどんなものがあるのかな。

 課題研究園芸福祉班3年生の活動
 NEXCOと弘前大学と共同で地域の活性化に取り組んでいます。そのために、花壇のデザインや、花苗の栽培、津軽SAの花壇植栽活動を行っています。
   また、学習した内容を9月24日(日)に行われる「1Dayキャンパス2017平川ワークショップ」で小学生を対象に小物づくりを行う予定です。
 地域の方々のために様々な活動を行っています。

 課題研究食物班2年生の活動
 ローソンと共同商品開発をしています。商品やパーケージをデザインし提案しています。

 課題研究草花班2年生の活動
 キャンドル制作に挑戦 草花を利用したキャンドルを制作中です。

 課題研究園芸福祉班2年生の活動
 「新しい飲料の開発」を行っています。様々な野菜の栄養やバランス良い食生活のために野菜を多く取るためにどんなレシピが良いかを研究しています。

花プロ2回目の講義

  8月29日(火)にNEXCOとの「花プロジェクト」に係る活動の1つとして、課題研究草花班と園芸福祉班が弘前大学教育学部を訪問し、デザインや色彩について学びました。
 アニメの話しや色による心理的効果などについて講義を受け、今後の花壇づくりの参考にすることが出来ました。

柏農市3回目

 8月25日に今年度3回目の柏農市が行われました。今回は、生活科学科2年園芸福祉班の8名で販売実習を行いました。
 開店前から待っていてくださるお客様もいて、好評でした。

ひらかわねぷたでオリジナル金魚ねぷたのプレゼント

 生活科学科2年生の生活班では、にオリジナル金魚ねぷたストラップとマグネットを考案!
 8月3日のねぷた運行に合わせて、沿道の子どもたち各200個ずつ柏農ねぷた出陣の際に観客の皆様にプレゼントしました。

中学生の高校体験入学

 7月28日に行われた、高校体験入学で生活科学科は4つのコースを担当しました。
 「アイスクリーム&シャーベットを作ります。」「基礎縫いを使った小物の製作をします。」「ディッシュガーデンを作ります。」「押し花で、かわいい小物を作ります。」という内容で、72人の中学生がそれぞれ体験入学をしました。

1日介護体験

 7月27日(木)、 生活科学科1年生希望者15名が、緑青園にて一日介護体験実習に行ってきました。
 高齢者とのコミュニケーションの取り方などを教えていただいてから、施設で実習を行いました。シーツ交換や食事配膳などを手伝い、介護職への理解を深めることができました。

児童クラブとの交流会

 生活科学科の2年生課題研究生活班は、7月27日(木)に、放課後児童クラブの小学生47名と交流学習をしました。牛乳パックとりんごの剪定枝を材料に漉いた和紙を使った金魚ねぷたの製作をしました。

農業クラブ県連盟大会:フラワーアレンジメント競技会

  6月22日(木)の青森県農業クラブ県連盟大会:フラワーアレンジメント競技会に3名の生活科学科2年生が出場しました。
 華道部で練習してきた成果を遺憾なく発揮し、1名が優秀賞を受賞し、秋田県で行われる全国大会へ出場することになりました。

平賀幼稚園のみんなと野菜を植えました

 6月13日(火)、平賀幼稚園のくまぐみさんとぞうぐみさんが、柏農の農場に野菜づくりにやってきました。
 生活科学科の2年生が、サツマイモやジャガイモを一緒に植えました。
 その後園児は、元気に農場を走り回ったり、カエルを捕まえたり、森で葉っぱを取って葉っぱじゃんけんをして遊んでいました。。
 生活科学科では、2年生では幼稚園児と、3年生では高齢者の皆さんと交流会を行っています。今回は、2年生の初めての交流会で、年代の異なる人とのコミュニケーションの取り方や接し方を学んでいます。

花壇の歴史を学ぶ

  6月6日(火)に、NEXCO東日本「花プロジェクト」の活動の一環として本校の課題研究班16名が、弘前大学教育学部の先生から、公園の歴史や発展について講義を受けました。
後半は、本校の温室を案内して、栽培している花壇苗についてNEXCO東日本及び東北造園にも出席していただき説明いたしました。
 今後の花壇づくりに活かしていきます。

田植え大会

 5月19日(金)、全校田植え大会が行われました。  1年生は、初めての田植えをするために事前に練習を積みました。2、3年生は経験者なので、どんどん植えていきます。1年生の遅れを補いながら、学科全体で頑張りました。
 結果は、今年も優勝することができました。

当日の午前中に平賀幼稚園の年長・年中組さんが来校し、田植えの体験をしました。
スタッフの高校生には、保育士を目指している生徒もいて園児と一緒に泥だらけになって楽しみました。


平賀駅前植花壇の植栽

 5月18日(木)、平賀駅前花壇の植栽を生活科学科2年生が行いました。平川市の職員と一緒に地域の環境美化に努めて、17年目の活動になります。


今年度1回目の「緑青園」での交流会を行いました。

 5月17日(水)、生活科学科3年生のグリーンライフ選択者12名で、「緑青園」の利用者の皆さんと押し花絵を作りました。八重サクラの押し花や季節の花を使って作品を一緒に作り交流しました。
 最後に、恒例となった校歌の斉唱をして、次回お会いできることを約束しました。

NEXCO東日本津軽サービスエリアの植栽

 5月16日(火)、津軽サービスエリア下り線で、生活科学科3年生が花壇の植栽を行いました。7年目になり、この事業はNEXCO東日本「花プロジェクト」と呼ばれ、平成28年度から本校、弘前大学教育学部、NEXCOの3者で展開し、地域活性化のために高速道路のサービスエリアを青森の特徴ある場所にするために行われています。
 今回は、生徒たちのデザインした花壇が制作されました。
 次回は、りんご園までのプランター植栽が行われます。


春の実習

 花壇用草花苗を栽培・管理している生活科学科では、1年生から3年生まで実習が始まりました。草花苗販売、花壇の植え替え準備など忙しくなってきました。
 これからの予定として、津軽サービスエリアの花壇植栽や平賀駅前花壇植栽など、地域の環境美化活動が本格化してきます。


科目「グリーンライフ」の1年

 生活科学科3年生の科目「グリーンライフ」の科目を選択している生徒の青森県教育委員会「ドリカム人づくり推進事業」にかかわる活動について紹介します。
 「グリーンライフ」では、地域の農業・農村や自然、伝統文化について知り、どのように活用していくかが学習内容のひとつです。
 今年度は、みんなで白神山地周辺域での体験学習を行うことを課題としました。
 その準備のために、校内の森や農場を回り、身近にある自然や農村について非常勤講師を招いて学び、青森県や自分の住む地域について特色を調べたり、他県の人に紹介できるようなツアーパンフレットを製作したりして基礎知識をまとめていきました。また、小グループで自然体験の経験も積んでいきました。
 9月に白神山地周辺での体験学習を行うことができました。前日のひどい降雨であったので山の状態が心配されましたが、なんとか天候に恵まれ、森での自然観察や昼食準備のための火起こし、調理をすることができました。
 また、メインであるブナの苗木の植樹を行うことができました。ブナの植樹は2年目なり、2本植えたうちの1本が元気に育っています。今年度、植樹した苗木は、前年に採取したブナから発芽させたものです。来年度植樹するミズナラの苗木を育てるために、皆でドングリを拾い、学校に戻ってから播種します。
 「グリーンライフ」選択者が全員白神山地周辺に出かけられるのはこの1回なのですが、とても良い体験になったと思います。野生の猿が、たくさん山から出てきてバスを見送ってくれました。来年度は、ミズナラをたくさん植樹できるように活動を継続できればと考えています。

第12回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト 地域文化研究部門(団体)で優秀賞を受賞

 受賞したのは3年生3人のグループによる「青森市油川に伝わる小指組紐についての研究」です。
 青森市油川で伝承されてきた小指組紐の歴史や背景、世界中に残る組紐の技法についてまとめた内容を評価していただきました。
 2年間にわたる技法の習得と文献調査の結果が実りました。より深く研究するために後輩に引き継がれます。

特別養護老人ホーム緑青園との交流実習

 5月11日(水)、生活科学科3年生の「グリーンライフ」を選択している生徒18名で平川市の「特別養護老人ホーム緑青園」さんに出かけ、押し花作品を一緒に作りました。
 今年度始めていく生徒たちなので、少し緊張しながら利用者の皆さんと交流しました。次回は、お互いにリラックスして交流できるように準備をしています。

津軽サービスエリア下り線の花壇植栽

 5月10日(火)、生活科学科3年生の課題研究草花班と園芸福祉班17名で、津軽サービスエリア花壇に草花苗を植栽してきました。
 約1,000本の苗を植え、六魂祭で青森県に来るお客様の目を楽しませると思います。
 今後は、弘前大学教育学部の学生と打ち合わせをしながら、花壇のデザインが変化していく予定です。

平賀幼稚園児とお茶会をしました

 1月27日(水)、平賀幼稚園年長組さんに、生活科学科2年生がお茶会に招かれました。春から一緒に畑を作ったり、染め物をしたりと交流をしてきたお礼です。
 園長先生の立ててくださったお抹茶を園児のみなさんが、ていねいに運んでくれました。
 生徒は、お招きのお礼に食育に関する手作り絵本の読み聞かせを行い、一緒に折り紙で遊びました。
 最後に、園児の皆さんが作ってくれたカレンダーをいただき、全員で記念写真を撮りました。


学科紹介

食物・被服・保育・介護など、生活や福祉に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、家庭生活者として創造的・実践的な能力と態度を育て、地域社会の充実と発展に寄与できる人材を育成します。

  文化祭展示
  公共施設花だんに植栽
  食物検定

取得できる主な資格

  • 全国高等学校家庭科被服製作技術検定(和服、洋服)
  • 全国高等学校家庭科食物調理技術検定
  • 日本語ワープロ検定
  • 情報処理検定、農業技術検定、フラワー装飾技能検定、フラワーデザイン資格検定
  • 危険物取扱者(乙種・丙種)
  • 農業クラブ検定


平成29年度 生活科学科 教育課程表

3年間を通して学べる授業の詳細を掲載しております。

PDFアイコン
生活科学科の教育課程表はこちら(PDF)
このページの上へ